外資系会社の就業時間!

働く時間帯も選ぶポイント

日系の企業だと朝の9時台から18時台までが勤務時間であることが多いです。一方で外資系企業も同じような時間帯で勤務するのでしょうか。就職・転職の際に外資系企業を視野に入れたとしても、自分の働き方と合わない勤務体系だと後々影響が出る可能性があります。どういった勤務スタイルなのか知っておくのも大切です。
外資系企業では、海外とのやりとりが無ければ、他の日系企業と同じように9時から18時の勤務になります。しかし海外の本社や取引先が外国に拠点がある場合、相手の時差に合わせて業務をする必要性が出てきます。そうなると、9時から18時の勤務だと相手の国の時間帯には合わないため、深夜や早朝に勤務時間をずらす可能性もあります。

海外拠点で働く場合の勤務スタイル

日本で外資系企業に就職した場合、辞令次第では海外の拠点で働く可能性もあります。外資系企業を選ぶときには、海外勤務もあるのかどうかを考慮に入れることも大きなポイントです。海外勤務になれば、家族も帯同するケースもあります。日本を出て生活できるのかどうか、しっかり考えておきたいところです。
海外で働く場合、日本の勤務スタイルとは少し異なる場合があります。海外の文化だと、朝早くから働き始め、夕方頃にはきっちり仕事を終わらせて自宅に帰るのが一般的です。日本では深夜遅くまで残業することもありますが、海外では定時になったら帰宅する風潮が強いです。人によっては、家に仕事を持ち帰って夕食を食べた後に自宅から働くケースもあります。

英語で面接をする際に最も大切なことは相手とコミュニケーションをきちんと取ることです。そのためにまずはリスニング力を鍛えて、相手が何を聞きたいのかを理解しなければなりません。

© Copyright Simplify Entire Process. All Rights Reserved.