外資系会社は英語面接!?

英語での受け答えにドキドキ

外資系企業は会社の特性上、上司や同僚、取引先が外国人になる可能性が高いです。オフィスには日本人しかいなくても、電話会議で海外とやりとりするときには英語を使う場面も頻繁にあり得ます。英語で書類を作ったり打ち合わせをしたりする機会があるため、外資系企業に就職する時には英語で面接が行われる場合があります。
外資系企業に入るまでずっと日本で長く過ごしていた人なら、英語を使った面接に緊張してしまうかもしれません。かろうじて面接をクリアしたとしても、業務で英語を使い続けることになるため、付け焼き刃では太刀打ちできなくなるでしょう。面接対策も大事ですが、ビジネスのシーンに合わせた英語の勉強をしておくことが大切です。

面接で聞かれることはパターン化している

日本の企業で就職や転職をする際、面接で聞かれる内容はある程度事前に推測できます。面接では、これまでの経験や長所や短所、志望理由が質問されることが多いです。外資系企業でも同様に、質問される内容はパターン化されています。ただし英語で質問され、英語で答える必要がある点が日系企業との違いです。でも聞かれる内容が分かっているなら事前に準備ができます。面接の前に想定問答を用意して、英語で流暢に答えられるように練習しておきましょう。回答の英文が文法的に合っているか自信が無かったら、英会話レッスンの先生に添削してもらうのも一つの方法です。英文に間違いがないと思えれば、慣れない英語の受け答えでも自信を持てるようになれます。

外資系の求人に応募をすることで、海外勤務の道が開かれることがあるため、より良い待遇の企業を目指すことがおすすめです。

© Copyright Simplify Entire Process. All Rights Reserved.